武蔵小杉ヒルズクリニック

中原区武蔵小杉駅で陥入爪・巻き爪の治療ならご相談ください。

陥入爪・巻き爪の概要と症状

陥入爪では、爪の側縁が食い込むことによって皮膚が赤く腫れ、強い痛みを伴います。 足の第1趾(親指)に生じることが多く、不適切な爪の切り方がしばしば原因となります。 特に深爪によって爪の切り残しが生じると、それが棘(とげ)となって皮膚に刺さるため、 陥入爪を発症しやすくなります。

巻き爪は足の第1趾(親指)に生じることが多いですが、他の指でみられることもあります。巻き爪の原因の1つとして、つま先の窮屈な履物の着用が挙げられます。爪が慢性的に横から圧迫されて彎曲(巻き具合)が増強し、前方から見ると筒状に見えたり、「の」や「つ」の字のように見えたりします。巻いた爪が皮膚に食い込み、歩行時に痛みを伴うこともあります。 巻き爪の治療としては、過度に彎曲した爪を正常に戻す矯正治療を行います。 爪の矯正器具には様々な種類のものがあります。(※矯正治療(器具)は自費となります。)

陥入爪・巻き爪の治療

保険診療一覧に戻る

上部に戻る