武蔵小杉ヒルズクリニック

中原区武蔵小杉駅でイボの治療ならご相談ください。

イボ

一般的に「イボ」、「皮膚のできもの」と呼ばれるものには、医学的に下記のような種類があります。 通常、ほとんどは良性であることが多いですが、中には皮膚癌のこともありますので注意が必要です。

脂漏性角化症(老人性疣贅ろうじんせいゆうぜい)

アクロコルドン(スキンタグ)

汗管腫

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ミリウム)

老人性 脂腺増殖症

眼瞼黄色腫(がんけんおうしょくしゅ)

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい )足底疣贅(ミルメシア)、扁平疣贅

イボの治療方法

当院では、ダーモスコピーという病変部を拡大して観察する機器を用いて、詳しく病変部の性状を観察し、正確に診断した上で適切な治療を行っております。 ※悪性(メラノーマなどの皮膚癌)の可能性がある場合は、専門医療機関(大学病院など)へのご紹介を行なっております。
治療方法は大きく分けて3つあります。

液体窒素療法:保険適用

液体窒素とは、マイナス170-190度の液体で、イボの部分の皮膚を凍らせて、細胞を破壊する方法です。 多くの場合は、1回の治療では治りにくいので、1週間に1回程度のペースで治療を続けることをお勧めします。 治療期間は、数ヶ月〜1年以上の人もいますので根気よく続けてください。
(液体窒素療法についての治療経過と注意点)
・治療を受けた後、しばらくはやけどによく似たジンジンした痛みが続くことがあります。
痛みがとれるまで半日ぐらいかかることもありますので、お子様はグズる場合があります。
・治療後、赤くなって水ぶくれにができることがあります。水ぶくれになった場合は破かずに、そのまま放置してもらって大丈夫です。
・処置した部位に色素沈着が起こり、しばらく色が残ることがあります。(液体窒素をやめれば時間と共に軽快していきます)
・まれに、色素脱失や瘢痕が残ることがありますが、他の治療よりは目立たないのが一般的です。
・他の部位や他の人にうつしてしまうことがありますので、不必要にイボの場所を触らないようにしてください。

レーザー治療 : 比較的小さなイボ

炭酸ガス(CO2レーザー)を使用してホクロやイボなどの治療部位のみを限局的に切開、蒸散させて治療することができます。 レーザー治療は切除に比べて傷跡も少なく、治療時間も極短時間(数分程度)で、術後のケアが簡単です。

治療後は少しへこんだ擦り傷のようになりますが一週間程度で皮膚が再生してきます。 当日からメイク、洗顔、入浴もできます。 腫瘍が深い場合や治療部位によっては数回のレーザー治療が必要な場合もあります。

※ウィルス性のイボ、老人性血管腫などに関しては、ジェネシス(ロングパルスNd:YAGレーザー)を用いた治療も行っています。

切除 : 大きい・深いイボ/悪性の可能性がある場合

腫瘍が大きい場合、深い病変、治療部位によって、また悪性(皮膚癌)の可能性がある場合は、 レーザー治療ではなく、メスによる切除を行います。

病理診断の結果、悪性の場合は拡大切除などが必要になります。
※専門医療機関(大学病院など)へのご紹介も行っています。

※ウイルス性イボに関しては、液体窒素を用いた凍結療法(保険適用)を行っております。

保険診療一覧に戻る

上部に戻る