武蔵小杉ヒルズクリニック

中原区武蔵小杉駅のライムライト

ライムライト

武蔵小杉ヒルズクリニックのライムライト

ライムライト

ライムライトはキュテラ社が開発した光(IPL)を用いた光治療でフォトブライトとも呼ばれます。 ライムライト登場以前の光治療機器は欧米向けに開発された規格が多く、白人の肌質を基調とした性能が多い傾向でしたが、今回、新しく導入されたライムライトのハンドピースは日本人の肌質にあわせて、日本人医師監修のもとキュテラ社と共同で開発されたものです。 色白・色黒の肌質問わずライムライトは層の浅いエリアのシミ・そばかすなどに反応して改善していきます。出力を強めても比較的痛みが軽く、従来の光治療機器(IPL)では効果が得られにくかった薄いシミ・そばかすに対しても効果を発揮します。顔全体のくすみや赤味がかっている方などにも適正が高い治療機器となります。

ライムライトの主な治療効果

  • シミ
  • そばかす
  • ニキビ
  • ニキビ跡
  • 赤ら顔
  • 小じわ
  • 全体的な肌のくすみ(美白効果)

ライムライトの効果の仕組み

ライムライトの光はシミ・そばかすなど黒ずみの要因であるメラトニンや赤ら顔・ニキビ跡などの赤味がかる要因、ヘモグロビンに作用するため治療効果が得られる仕組みになっています。

ライムライト効果のイメージ

ライムライトの施術を行った部位は新陳代謝が促進され、正しく作用したシミなどは3~4日で薄いかさぶた状になり、7~10日頃からポロポロとはがれていきます。赤ら顔やニキビ跡などの場合は赤味に反応することで改善していきます。

施術は症状や作用、照射出力などにもよりますが、約3~4週間間隔で約5~10回の治療を繰り返し受けることをおすすめしております。

施術後の注意事項

ライムライトQ&A

ライムライトとフォトフェイシャルの違いはありますか?

光治療器(IPL)を用いたフェイシャル治療全般をフォトフェイシャルと呼び、ライムライトもフォトフェイシャルに含まれる治療方式です。可視光線のある領域の波長(520~1100㎚)を当てることで、お肌のくすみやシミ、赤みを改善していきます。ライムライトの特徴は日本人の肌質や肌色に合わせて開発されています。

ダウンタイムはありますか?

治療後はひりつき感や赤みが出ることがありまが。日常の行動に支障があるようなことはほぼありません。シミに反応してマイクロクラストと言う細かいカサブタ状のものが出来た場合も1週間程で剥がれ落ちてきます。基本的には施術後もお化粧をしてお帰りいただけますので、ご安心してください。

赤ら顔の治療は完全に治りますか?

赤ら顔はライムライト治療のみで改善させるのは難しいため、同一機種に搭載されている別のハンドピース「ジェネシス」を併用した治療をおすすめしております。赤ら顔を完全に治癒させるのは難しいため、赤みの半減改善を治療のエンドポイントとしております。

肝斑に対して効果はありますか?

肝斑にもライムライトは有効ですが、トラネキサム酸の内服薬やトラネキサム酸のイオン導入などを併用することが重要になってきます。肝斑治療としてレーザートーニングの併用を勧める場合があります。ライムライト+レーザートーニングの複合治療は美白治療としてご好評です。

ライムライト治療の流れ

1. クレンジングで余分な皮脂を落とします。

2. ホットタオルで拭き取ります。

3. 冷却ジェルを塗ります。

4. 保護メガネをし、照射していきます。光のショットは細いゴムではじかれた時の軽い刺激です

5. 仕上げに化粧水、乳液をつけます。

6. その後、お化粧してお帰り頂けます。

ライムライトの料金

両頬1回14,300円
両頬3回39,600円
(1回あたり13,200円)
全顔1回17,600円
全顔3回49,500円(1回あたり16,500円)
上部に戻る