武蔵小杉ヒルズクリニック

中原区武蔵小杉駅の下眼瞼たるみ治療

下眼瞼たるみとは

年齢を顕著に感じさせる要因の一つに目の下のしわやたるみがあります。この部位はしわやたるみができやすく、年齢とともに老けた感じを強めてしまいます。 加齢により目の下の皮膚・筋肉・眼窩隔膜がゆるんできます。これらにより支持されていた眼球を取り囲んでいる眼窩脂肪が前方に出てくることによって、下まぶたの組織が押し出され袋状に膨らんで見えます。 また、年齢とともに頬部全体の皮膚がたるみ平坦化されることで、下まぶたの膨らみと影がより強調されてしまいます。眼窩脂肪量の多い方や目の大きい方、頬骨が張っている方は目の下のたるみやくまが生じやすい傾向にあります。 「目の下のしわ・たるみ」にはいくつかの原因があり、各症状に合わせた治療法の選択が必要になってきます。老けた印象を改善するためにフェイスリフトやスレッドリフトを同時に希望される方もいらっしゃいます。目の下のしわやたるみを改善させることで、目元がクッキリして、若々しい印象になる場所とも言えます。

下眼瞼たるみの原因

  • 下眼瞼の皮膚や筋肉のゆるみ
  • 下眼瞼の脂肪脱出
  • 頬部全体の平坦化により強調

下眼瞼たるみの症状

下眼瞼たるみの治療法

下眼瞼たるみ取り手術(下眼瞼切開)

美容外科の手術の中でも、アンチエイジングとしてよく行われています。 傷跡が心配という方もいらっしゃいますが、目の下の傷跡は比較的目立ちにくくなりますのであまり心配されることはないでしょう。下まつ毛の直下に切開線をデザインしていきます。眼輪筋を切開して、下方移動した余分な眼窩内脂肪を切除するとともに眼輪筋と眼窩隔膜の補強を行います。下眼瞼が外反しないようにゆるんだ皮膚を丁寧に取り除いていき、髪の毛より細い糸を用いて縫合して手術は終了となります。

下眼瞼の脱脂手術(経結膜切開)

たるみ・脂肪のふくらみの原因となっている眼窩脂肪を下まぶたの結膜側から除去する方法です。皮膚表面を切開しないため傷跡は残りません。たるみ・脂肪のふくらみを取り除きすっきりと若返った印象になります。皮膚のたるみが多い方はこの手術だけで目の下のたるみを改善するのが難しいため『下眼瞼たるみ取り手術』をおすすめしております。

下眼瞼たるみ治療のリスク

下眼瞼たるみQ&A

傷跡は残りますか?

傷跡自体は残りますが、殆ど目立なくなります。傷跡の赤みがとれるのに6ヶ~12ヶ月程度必要です。

手術後注意することはありますか?

まぶたは出血しやすい部位です。術後は腫れやすく、一度腫れてしまうと引くのに時間が掛かってしまいます。2~3日は出来るだけ安静にし、目の周りはできるだけ氷で冷やすようにしてください。術後の腫れを予防するためにも傷の部分をこすらないでください。また、内出血は重力に従って下の方向に広がっていきます。そのため、下まぶたは最後まで腫れや内出血が残りやすくなります。

二重・下眼瞼たるみの料金

埋没法
両側(2点止め)66,000円
両側(4点止め)110,000円
二重切開術
部分切開198,000円
全切開275,000円
眼瞼下垂手術330,000円
下眼瞼たるみ取り手術・下眼瞼脱脂
脱脂のみ片側176,000円
脱脂のみ両側220,000円
たるみ取り手術330,000円
上部に戻る