武蔵小杉ヒルズクリニック

中原区武蔵小杉駅の女性の薄毛治療

びまん性脱毛・女性型脱毛症とは

『抜け毛・薄毛』は男性の悩みでしたが、近年では多くの女性も『抜け毛・薄毛』に悩んでいることが分かり、女性の『抜け毛・薄毛』相談は増加傾向にあると言われています。女性の『抜け毛・薄毛』の原因は様々なので、原因を把握して最適な治療をすることがより良い薄毛治療につながっていきます。お肌の加齢変化と同じで髪の毛も20歳頃から加齢変化は始まります。また、様々なストレスにより髪の毛や頭皮に与える影響も大きいと考えられています。過度の『抜け毛・薄毛』の悩み過ぎもストレスの一因となりますので、悩み過ぎに陥らない事も重要です。女性ホルモンのバランスの崩れも『抜け毛・薄毛』に関係しています。その他にも遺伝的素因やタバコ、睡眠不足、過激なダイエットによる栄養不足も薄毛の原因となる事があります。 再生医療の技術を薄毛治療に応用した『毛髪再生治療』のヘアフィラーもおすすめしております。

びまん性脱毛症(女性型脱毛症)の原因

  • 甲状腺機能低下症などの代謝異常
  • ストレス・睡眠不足
  • 極端なダイエット
  • 出産後脱毛症
  • 更年期障害
  • 老化
  • 過度のヘアケア
  • 経口避妊薬(ピル)の使用
  • 貧血・リウマチ・発熱

内服薬:パントガール

パントガール(内服薬)は女性の薄毛(びまん性脱毛症・出産後脱毛症)や抜け毛を改善して発毛・育毛を促進させていきます。弾力のある健康な髪を作るには、アミノ酸やタンパク質、ビタミンB群などが必要になってきます。 パントガールは女性の抜け毛、薄毛治療薬として開発された世界初の飲む育毛剤です。 3~6ヶ月間の使用で70%の方が抜け毛の減少を実感されています。

パントガールの成分

用法

副作用

内服薬:ミノキシジル

ミノキシジルは血管平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させる事により血圧を下げる高血圧の治療薬です。ミノキシジルは血管を拡張させることで局所の血流増加を促し、頭髪のみならず、全身的な多毛を生じさせることが分かっています。そのため、薄毛・抜け毛の発毛剤・育毛剤として処方されるようになりました。外用薬のリアップと同じ有効成分であるミノキシジルの内服薬となります。

用法

副作用

外用薬:ロゲイン2%(ミノキシジル2%)

当院ではミノキシジル濃度2%外用薬を処方しています。 1日2回(朝・入浴後)の使用を効果が感じるまで最低6ヵ月間は使い続けた方が良いでしょう。効果を持続させるためには継続して外用する必要があります。根気よく続けることが重要です。

用法

副作用

外用薬なのでかぶれる可能性があります。妊娠中、授乳中の方は控えてください。

育毛サプリメント

亜鉛サプリ

亜鉛は毛髪を構成する上で欠かせない栄養素の一つです。毛髪はケラチンタンパク質が大半を占めていますが、亜鉛は摂取したタンパク質をケラチンタンパク質へ再構成する働きがあります。 また、テストステロンからジヒドロテストステロンに変換される時に働く5α-還元酵素を抑制して抜け毛、薄毛の予防に効果を発揮します。抜け毛や薄毛改善を目的にする場合は15~30㎎前後を目安に摂取してください。

ビタミンB群

ビタミンB2は細胞の再生を促進させて健康なお肌・毛髪・爪を作り出します。不足すると、肌荒れや皮膚炎を起こしやすくなるのでキレイなお肌を保つためには必要不可欠なビタミンです。 ビタミンB6は皮膚・粘膜・毛髪・歯などの健康を保つ働きがあります。 また、頭皮の皮脂の分泌を抑えてくれます。皮膚の新陳代謝を促す作用がありますので、フケ症や頭皮の脂性肌の方は多めに摂取すると良いでしょう。

ビタミンH

ビタミンHはアミノ酸の代謝に作用してタンパク質や脂質の分解を防ぎ、毛髪の成長促進、髪毛寿命を延ばす効果があると言われています。育毛だけでなく、白髪予防などにも効果があると言われています。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成に深く関わっているため皮膚や血管の生成に不可欠です。末端に栄養を運ぶ「毛細血管」が老化すると、髪の成長にも影響を及ぼします。ビタミンCは抗ストレス効果を持つ副腎皮質ホルモンの分泌を促す作用もあります。

ビタミンE

ビタミンEは脂溶性ビタミンです。ビタミンEの作用の1つに毛細血管を拡張して血流を良くする働きがあります。また、抗酸化作用もあり体内の細胞膜などの脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。抗酸化作用で使われたビタミンEを元に戻す働きがあるビタミンCも同時に摂取した方がより効果的です。

女性型脱毛症Q&A

女性も薄毛になりますか?

女性の髪は年齢と共にある程度、髪の毛が細くなり、ハリやコシ、ボリュームの少ない髪になっていきます。髪の加齢変化に加えて、頭皮の抹消循環障害やホルモンバランスの崩れも要因の1つと考えられています。年齢と共に女性ホルモンの分泌量が減少するに従って、男性ホルモン(テストステロン)量が相対的に優位に働くため、ヘアサイクルが短くなりボリュームの少ない髪になってきます。

抜け毛・薄毛になる原因はなんですか?

髪の加齢変化以外にも、甲状腺機能低下症や遺伝的素因、食生活の乱れ、過度のヘアケア、ダイエット、ストレスなども抜け毛・薄毛の原因となることがあります。

出産後の抜け毛は続きますか?

妊娠中は黄体ホルモンの影響で、髪の毛の成長期の期間が長くなり、抜け毛が少なくなります。しかし、出産後はホルモンバランスの変化により、成長期の毛髪が休止期に入ることで一時的に抜け毛が多くなります。個人差はありますが、出産後約1年で元に戻ります。

脱毛症の料金

男性向け
プロペシア28錠9,900円
フィナステリド28錠5,500円
ザガーロ(30錠)11,000円
デュタステリド(30錠)8,800円
ミノキシジル外用15% 9,900円
女性向け
パントガール90カプセル 9,900円
ミノキシジル外用2% 6,600円
性別共通
ミノキシジルタブレット100錠19,800円
まつ毛
ルミガン(育毛)5,500円
アプリケーター50本(美容液)880円
上部に戻る